数百万件以上のデータから自分の強みを診断してみた

2021年5月17日

0517_10万件以上のデータから自分の強みを診断してみた

 

こんにちは、ショウコです。

今回は「自分の強みの見つけ方」をテーマにブログを書きます。

 

こんな方におすすめ

  • 自分の強みをデータを基に知りたい
  • 強みを生かして仕事をしたい
  • 才能に目覚めて人生無双したい

 

自分の強みって、わりと言語化しづらい。感覚的に分かる強みもあれば、他人からよく言われることで発見する強みもあるけど、なんとなく信憑性に欠けるというか。強みを知った上で、次につなげにくいというか。とてもモヤモヤするわけです。

 

結論、自分の強みを総体的に把握して、それらをどうつなげていくかが知りたい。

もちろん、仕事にも生かしたい。欲を言えば、人間関係や暮らしなど生活全体に生かして「強みファースト」な生き方で、人生を無双したい。これこそが本音。

 

と言うわけで、こちらの本を購入してみました。

 

ストレングス・ファインダー2.0とは

 

ストレングス・ファインダーは、アメリカ心理学会から「強みの心理学の父」として表彰された故クリフトン博士によって生み出された。共同開発で、世論調査を行うアメリカ企業のギャラップ社研究者チームも携わっている。

 

ギャラップ社の40年以上の研究によると、人々に共通する資質(強み)は34種類あるらしい。その中で「自分の強みは何か?」を発見・説明するための診断テスト(正式には「アセスメント」と呼ばれる)が、ストレングス・ファインダー。

 

具体的に、34種類の資質の中から、自分に当てはまる上位5つの資質が分かります。

そして、こちら「2.0」なので、従来の診断テストからすこし改良されています。何が改良されたかと言うと、それぞれの資質がより個人にカスタマイズされた点です。例えば、わたしとあなたで同じ資質を持っていたとしても、内容が異なります。

 

上位5つの資質は「自分だけの特徴的な資質レポート」という形式で、PDF4枚分ほどでまとめられています。さらに、「強みの洞察ガイド」にもアクセス可能で、①資質の説明、②強みの洞察・あなたが卓越している点を、それぞれ5つの資質に渡り、知ることができます。

 

筆者が今回購入したのが、その書籍版というわけです。

書籍では、上記のレポートに加えて、それぞれの資質の「行動アイデア」と「それぞれの資質を持つ人との働き方」などが具体的に記されています。

 

ストレングス・ファインダーのアセスメントは、公式ウェブサイトからオンラインで行います。それには「アクセスコード」が必要で、このコードをゲットするにはウェブサイトから直接購入するか、書籍を購入するかの方法があります。今回は、最安だった書籍の購入(約2,000円)にてコードを獲得しました。

 

自分の強み診断を受ける方法

 

ここからは、ストレングス・ファインダーのアセスメントを受ける方法をまとめていきます。

 

step
1
アクセスコードをゲットする

先ほどもお話ししましたが、方法は2つ。ウェブサイトから直接購入するか、書籍を購入してアクセスコードをゲットします。

» 公式ウェブサイトはこちら

» 書籍はこちら

 

step
2
ウェブサイトにアクセスする

アクセスコードを獲得したら、以下のウェブサイトにアクセスします。

https://www.gallupstrengthscenter.com

 

0517_コード引き換え

画面右上に「コードの引換」というボタンがあるので、クリックしてください。

次に、アクセスコードを入力して、新規アカウントを作成します。

 

なお、アクセスコードを使用できるのは1回のみなのでご注意ください。

 

step
3
アセスメントを開始する

さて、こちらのアセスメントですが全177問あります(!)

ただし、選択形式なので文字の入力などは不要です。合計で30分ほど時間がかかります。

 

あと、ここがポイントなのですが、回答時間は1問につき20秒までと決まっています。時間が過ぎたら、次の質問へ飛ばされてしまいます。「強み診断」なので、本能的に選ぶことを重視してるみたいです。

 

一時停止などができないため、まとまった時間が確保できる時間帯に診断してください。

 

余談:強み診断結果を共有します

最後に、筆者の診断結果を共有します。

上位5位の資質は、上から「学習欲」「収集心」「最上志向」「未来志向」「戦略性」となりました。

 

なお、全34の資質は、4つの領域に分かれています。

  1. 実行力…物事を成し遂げるのに役立つ資質
  2. 影響力…主導権を握り、はっきりと意見を表明し、確実に他の人の耳を傾けさせるのに役立つ資質
  3. 人間関係構築力…チームを団結させる強力な人間関係を構築するのに役立つ資質
  4. 戦略的思考力…情報を取り入れ、分析し、より適切な判断を下すのに役立つ資質

 

筆者の場合、5つの資質の内、4つが「戦略的思考力」領域の資質でした。

それぞれを、すこし詳しく見ていきます。

 

学習欲

学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

 

収集心

収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

 

最上思考

最上思考という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追及します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

 

未来志向

未来志向という資質を持つ人は、未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。

 

戦略性

戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

 

ストレングス・ファインダーを受けた感想

「強みここだったか…」という完全なる盲点を確認できました。本人は、割とクリエイティブ系かな…と予想していたところ、想像以上にバチバチの戦略家タイプで驚きです。

 

上記の資質の自覚はあったものの、これらが「強み」であることは新たな発見。本人からしたら「当たり前すぎるほどの習慣」となっているため、「才能に目覚める」とはこの感覚か…!と、感動しております。

 

さっそく才能を開花させるべく、戦略系の書籍に浸る予定です。

それでは、今回は以上です。

 

-日記

© 2022 ショウコ All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5