ドラえもんの道具級。書いたことがほぼ実現するノート

2021年4月12日

0321_notebook to re born

 

こんにちは、ショウコです。

突然ですが、3つ質問です。

 

何もかも大丈夫だとしたら、ほんとは、どうしたい?

 

8兆円持っていたら何に使う?

 

神様が現れて、「このノートに書いたものはすべて叶う」と言われたら何を書く?

 

あなただったら、このようなことを聞かれたらなんて答えますか?

 

実は、2014年のわたしはちょうど同じ質問に答えていました。

というのも、TSUTAYAを徘徊していたらある本が目に入りまして。

 

それが『あした死んでも後悔しないためのノート』です。

 

帯には「書き込むうちに、新しい自分に生まれ変わる」と書かれており、実に、胡散臭い言葉だなと思った記憶があります。

 

とはいえ、2014年といえば、大殺界の沼底みたいな年で、だから、このタイトルが目に止まりました。

本心では、この本を手に取りたくて仕方がなかったのだと思います。

 

何が起きたのかというと、「アメリカの大学卒業」という夢を実現して希望に満ち溢れていたところ、呼吸も苦しくなるほどの悲劇が起こってしまいまして。

目標だったテレビ番組ADの就職内定さえも自ら辞退し、暗闇で時が止まった、みたいな感じですかね。

 

それまでアメリカで過ごした5年間を無駄にしたような気持ちと、大学進学で借りた600万円の借金がどっさり残ったわけです。

 

生きているといろいろありますね。

 

結局、わらにすがることにしました。本一冊です。大金を積むわけでもない。

 

さっそく帰宅して、薄暗い部屋で机に座り、ノートを開いてペンを走らせました。

 

開いてすぐ「究極の不幸とは?」と、重めの質問が投げかけられます。

そして、この本は「あなたの『心の声』と向き合う」ために使ってくれと書いてある。

心の声なんて、嫌というほど毎日向き合ってる。やっぱりちょっと胡散臭い。

 

数ページめくると、今度は、これから始まる"尋問"にまじめに答えるために、「一回死んでくれ」と言われる。

これが、なかなかむずかしいのです。

 

とはいえ、素直に従うことにしました。

どうにかして、自分は「いま、死んだ」ことに。

 

目を閉じて、じっとする。

 

食べることも眠ることもできない。五感もない。身体もない。

真っ暗闇に、止めどなく思考が流れるだけ。これが永遠につづく。

 

なんとなく条件を満たした気がしたので、本をぱらぱらとめくると、質問は全部で32個あるようでした。

正直、ちょっと長い。

 

さすがに長いので、埋められる質問から埋めました。

まずは、冒頭の質問3つ。これは、思い切り書いてみたかったのです。

 

何もかも大丈夫だとしたら、ほんとは、どうしたい?

8兆円持っていたら何に使う?

神様が現れて、「このノートに書いたものはすべて叶う」と言われたら何を書く?

 

まじめに書いてみました。本心に嘘をつくことなく。絶対、というものは書き切って。

 

これが、今から7年前の話です。

結論、どうなったのか。あの胡散臭い帯はほんとうだったのか。

 

7年後、書いたことの6割くらいは、本当に実現しました。

では、残りの4割はというと、途中で価値観が変わり強く望まなくなったことばかり。

 

具体的に、実現したことは以下のとおりです。

  • WEB・動画・記事・写真に関係した職につく
  • 月収は35万円以上
  • 一人部屋のあるキレイなアパートに住む
  • 海外に取材に行く
  • 100万円貯める
  • フリーランスになる
  • インターネット環境があればどこでもできる仕事をする
  • 雑誌を出版する
  • 英会話教室をひらく
  • 世界を旅行してしばらく放浪する

 

補足すると、上記すべてが現在進行形で続いているわけではなく、一度でも起こったみたいなイメージ。

ちなみに、途中で価値観が変わり、実現しなかったことは主に恋愛系ですね(笑)

 

あの薄暗い、負のオーラ漂う部屋で、架空の8兆円片手に夢を描いたら、思考がそちらに向いたのでしょうか。

 

このノートは、一度書いてからしばらく開けることなく放置していました。

したがって、書いた内容も覚えておらず、2年後、そのまた4年後に開くことに。

 

開けるたびにどこかが必ず実現しているという、ちょっと不気味な現象を、心のどこかでものすごく頼りにしており、欲張りにもページを付け足して書き殴っていました。

 

そういうわけで、「自分の思いは書き出すと現実化する」ことは自分の中ではもはや常識に。

これは、魔法でもなんでもなく、自らが体験したちょっと信じがたい事実です。

 

このノートは結局、1冊分を3回にもわたり「改訂」したので、先日新しくもう1冊購入しました。

 

今回新たに付け足したのは「純資産1億円」です(笑)

割と強く願っているので、実現するんじゃないかなと予想しています!書いたもの勝ち。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

-日記

© 2022 ショウコ All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5