【2020年を振り返る】感動→病気→夢叶う→鬱→再生

2020年12月30日

1230_Rewind 2020

こんにちは、ショウコです。

 

2020年も明日で最後ですね。

不測の事態を想定した上で、新年の抱負なるものを掲げた記憶があります。

 

ショウコ
とは言え、「ウイルスの蔓延」って正直ずっと先の未来の話だと思っていたし、生きているうちに経験するとは…って感じです。

 

2020年は地球上のほぼ全人類が「新型コロナウイルス」に翻弄されましたね。

 

ショウコ
わたしの2020年はざっくりこんな感じ。

 

 

ツイートはさすがに雑すぎですね。

今回は、2020年を振り返る日記を書こうと思います。

 

ショウコ
数年後に振り返って読むのも楽しみにしており、記録用です。

 

2020年はドイツ・ベルリンで爆竹とともに幕開け

 

結論から言うと、ベルリンのカウントダウン激しすぎで死ぬかと思いました。

 

ショウコ
「生き残ってホテルまで帰ること」しか考えられませんでした(戦士)

 

結局、生存することができ数日後にこんな抱負を掲げます。

 

2020年の抱負は「渋く」あること

 

「渋く」って、ちょっと曖昧ですね。

 

つまり「特に目立つ活躍をするわけではないけど、フタを開けたら趣深くある」ということです。

 

なぜ「渋く」ありたかったかというと、理由が1つだけあります。

 

年越しを迎える前の大晦日に、ベルリンの日本人居酒屋さんでソロ熱燗をキメていました。

 

1231_watapas

 

日本人のオーナーさんがカウンター越しに話かけてくださり、「2019年大晦日をベルリンで迎えるまでの経緯」みたいなものを聞いて下さったんですね。

 

メモ

ちなみに、ベルリンにいた理由は「他国でのコーヒーのあり方」を探りたかったためです。他の国における人とコーヒーの関わり方が見てみたくてヨーロッパをまわっていました。

 

「いいねぇ。渋いねぇ。」

 

ショウコ
この言葉が逆に渋くて、わたしは完全にシビれてしまったわけです。

 

「渋いスイッチ」が入りまして、「渋い」かっこいい!渋くなりたい!2020年は渋いだ!渋い女に、わたしはなる!!

 

という感じで、こちらの抱負が決まりました。

 

2020年の抱負を振り返る

 

そうですね。ちょっと自分では分かりません。

 

ショウコ
渋くなりましたかね。不明です。

 

2020年1月に最大のチャレンジ襲来 ▶︎ イタリアの病院訪問

 

2020年も4日目にはところ変わってイタリア・ヴェネツィアへ。

 

ショウコ
実は人生で一番訪れたかった場所です! 

 

感動していたのも束の間、発熱し病院へ向かうことになりました。

 

 

が、タクシーから病院内すべて英語が全く通じずオワタ。

 

会話も表示も会計も、何もかもすべてイタリア語。体温40℃越えの状態でGoogle翻訳片手にイタリア語を駆使するのは、なかなかチャレンジングでした。

 

ショウコ
とは言え、勝手にひとりでイタリアに訪問したので自業自得です。

 

今となっては、笑い話ですし年明け早々高い経験値を得ました。

 

2020年2月に職を失い、心の友を得る

 

2年間続いた雑誌編集のお仕事が、雑誌の廃刊に伴い終了となりました。

とても好きなお仕事だったので、すごく残念だったのですが仕方がないですね。

 

そして、同月に後の心の友に初めて会うことになります。

 

 

30代に入ってからは特に、ソロ活動が好きで「新たな出会い」は予期していませんでした。

さらに「心の友」レベルは、もうこの先ないかな、、、と思っていましたが…

 

新たな出会いも、濃密な関わりも、年齢は関係なく、自分が望めば訪れる。

 

ショウコ
神様、心の友を送って下さり心より感謝申し上げます。

 

2020年3月にシレッと夢が叶う ▶︎ 川野さんとラジオ

 

以前、このようなことをツイートしました。

その後、見出しの通りなのですが、川野さんとラジオが実現しました(!)

 

 

「コーヒー好きのショウコさん」みたいなポジションで、我ながらかなり謎展開でした。

 

ショウコ
さすがに「お前誰やねん」とセルフツッコミせざるをえない感じですね。

 

▶︎ 詳しくはこちらから

 

2020年4月にコロナ鬱になる

 

この頃、住まいがタイのバンコクでした。

 

 

タイでは規制も厳しく、日常生活がガラリと変わりました。

普段はギラギラで眩しいバンコクの街並みも真っ暗に。

 

PhatPong

夜のパッポン通り。普段は人通りも多くギラギラしている。

 

この頃から、タイでは暗いニュースで持ちきりになりました。

 

何が応えたかというと、大勢の方が職を失い、生きる意味を失い、命を絶ち、負のループが続いたこと。その上、自分にできることがあまりにも小さすぎたこと。最悪なことに、負の力を受け取ってしまい、自分も負に陥ってしまった。

 

ショウコ
それでは、できることが小さいどころかマイナスでした。

 

なので、まず自分をゼロに戻すことに専念。

 

ショウコ
小さすぎる作業ですが、自分の心だけでも救いたかった。

 

 

ちょうど発売された「どうぶつの森」に没頭することにより徐々に回復しました。

総プレイ時間は約240時間。

 

ショウコ
Nintendoの皆様、本当にありがとうございました。わたしの心が大変救われました。

 

2020年5月のことは語りたくない

 

空白の1ヶ月とさせてください。

 

2020年6月のことも語りたくない

 

空白月間2ヶ月目です。

 

ショウコ
そういう時期ありますよね。受け止めきれずに空白にしてしまう期間。

 

2020年7月に人間不信で完全に心が折れる

 

とは言え、2020年最大の学びがありました。

 

光と闇があるように、人間にも必ず光の面と闇の面がある。

 

ショウコ
良くも悪くも、人を信頼するのは60%以下に抑えよう、と決めました。

 

「人間不信」と言うと、「相手に非がある」 or 「誰にも頼らない」みたいに聞こえてしまいますが、ここで学んだことは「自分の人生の責任は、どんなときも自分で取れるようにしよう」ということ。

 

そんな中、心の友が心配して粋な計らいをしてくれて救われました

 

 

元気をもらったので、当ブログ「shocopedia」をはじめました

 

 

2020年8月にタイ語学校入学を決意

 

隠れて闇堕ちしまくっていましたが、ようやく自分の中のもやもやを言語化することができました。

 

 

ショウコ
4月にマイナスになってしまったメンタルも、この頃にはプラスに。

 

 

タイのコーヒー生産地のチェンマイに引っ越す決意をし、すぐに移動開始!

タイ語の語学学校に入学手続きを済ませ、1年間腰を据えることにしました。

 

『タイ移住の教科書』専属ライターになる

タイ在住者として、現地からタイのあれこれを発信したく記事の執筆を開始しました。

 

2020年9月にコーヒー屋さんをやることにする

 

ところが(笑)

今度は、正の力を受け取りまくってしまい、結論から言うと語学学校を入学前に自主退学しました。

 

ショウコ
正の力の元は、チェンマイのコーヒーの人たち全員です。

 

そして、コーヒー愛を受け取りすぎて1週間後にはこんな決意をします。

 

 

そして、この3日後に日本へ帰国しました(急)

 

この決意を支援してくれた仲間が焙煎指導をしてくれました

 

決意の翌日に、焙煎機購入→焙煎トレーニング。この時の恩は忘れない。

 

 

コーヒー屋さんやりたいと思った瞬間はこちら

 

こちらは、自分に向けたメッセージ。

 

ショウコ
もし、将来的に「なんでコーヒー屋さんやりたいんだっけ?」とか考えてしまう時期が来たら、この時の思いを思い出してほしい。(2020年12月30日)

 

 

この時感じた「温かさ」に震えたんです。とびっきりオレンジ、黄色のオーラを放った時間に胸打たれたのです。

 

チェンマイ生活最終日

 

 

2020年10月に隔離生活に入る

 

約1ヶ月の隔離生活中は、こもってコーヒーの味をじっくり楽しんでいました。

 

 

英会話カフェ「COFFEE HOUSE SHOCO」を本格始動

 

もうこの10年くらい「やりたい」と言い続けていた割に中々はじめなかった英会話カフェをスタートしました!

 

ショウコ
世界を舞台に遊ぶ人を増やしたくてやってます!

 

フリートークで「好きなこと」を「英語で」しゃべりたおしています。

 

0406_英会話カフェ
アメリカ大学卒の講師が担当する、オンライン英会話カフェはじめました

オープンから1年、おかげさまで総レッスン回数が141回を超えました。 アメリカの大学を卒業した講師がすべてを担当する、オンライン英会話カフェです。   COFFEE HOUSE SHOCOと ...

続きを見る

 

2020年11月に生活環境整理をする

 

拠点となる家の環境整理月間となりました。

 

実は、現在は上の写真とは形が更に変わりましたが、焙煎部屋も作り着々と下地が出来上がっているところです。

 

生活の下地作りもばっちり

 

11月はメルカリ戦士もして、断捨離に次ぐ断捨離。

売上でさらに、生活のアップデートをしました。

 

 

2020年2番目の学び。

生活の基盤はものすごく大事。毎日使用するものを変えると生活の質は爆上げする。

 

2020年12月にスタート地点に立つ

 

12月の目標は、焙煎機とデジタル温度計とPCのソフトウェア「ローストロガー」をつなげること。

 

 

2020年もギリギリのところで、こんなクリスマスを迎えてついに目標達成へ…

 

 

こちら、10月から取り組んでおりましたが、まず「取り組もう」というメンタル作りから「理解しよう」という気持ちへ持っていくのに2ヶ月かかりました。

 

ショウコ
最終的に友人にチラッと焙煎機の話をしたところ、ものすごく得意分野だったようで、一瞬で問題が解決しました…つくづく、周りの方々に感謝の日々!

 

そして、現在はこういった想い。

 

 

2021年1月には、新たに生豆を購入して焙煎ととことん向き合うつもりです。

できれば、1月中にはコーヒーショップを再開したい!

 

心震えるコーヒー旅ラジオをはじめました

 

 

わたしは、こんな1年を過ごしました。

良いことも悪いこともたくさんあり、たくさん泣いたしたくさん笑いました。

 

とは言え、一番は2020年もこうして一年を振り返ることができることに感謝しています。

今ここに在れること、痛みも悲しみも、怒りも絶望も、感動も喜びも、そういった感情をまっすぐに感じれたこと。

 

そういったことが、一番の幸せであることは来年以降も変わらない気がします。

 

2020年中にこの記事を読んでくださった方、最後まで読んでいただきありがとうございました。

今年もあと1日ですが、よいお年をお迎えください!

-日記

© 2022 ショウコ All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5