【2021年の抱負】ことばで世界を変える

2021年1月6日

0106_2021 Resolution

こんにちは、ショウコです。

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、あなたは2021年の抱負を考えましたか?

 

▼ わたしは先日、ツイートでこのようなご報告をしました。

2021年を考える。さて、今年、はじまりましたね。しずかにひとり、ノートに向き合い1年後の自分と会話したりしてみました。実は15年続けています。今年のキーワードは「ことばと感情」です。コーヒーにことばと感情を掛け合わせ、化学反応を起こしたいと思います。目標は、どこかの誰かを救うこと。

 

どういうことかというと、わたしの文章を読んでくださっている方の世界を「安らぎの方向へ」変えたいと思っています。

 

1年後に見たい景色は「安らぎ」

安らぎ

 

「安らぎ」とは、穏やかでゆったりとした精神状態を表します。

なので、最終的なゴールは画面越しのあなたが「いろいろあったけど、2021年も悪くなかったよね」って思えること

 

従って、わたしの目標達成は知る由もないのですが(笑)、ひっそりと一役買えれば筆者冥利に尽きるというわけです。

 

なぜ「安らぎ」かと言うと、1年後の社会の様子を想像してみたからです

 

個人的には、こんな心境の人たちが増えるのではないかと考えています。

  • 余儀なく「変化」を求められる精神的なプレッシャー
  • 先が見えない漠然とした不安
  • 生活が脅かされる恐怖

 

つまり、この一年って、このような気持ちを大勢の人が抱えながら、ニューノーマル(新しい当たり前)に対応しつつ自分を変化させていくんですよね…?

 

ショウコ
はっきり言って無理ゲーにもほどがあるのでは、、、

 

明らかに心はマイナス状態なのに、社会的には「プラスな行動」が求められる現実。

「テレワーク」「新業態」「ネット移行」「オンライン○○」「コロナ禍だからこその製品/サービス」…

 

正直、時代に合わせて「行動する」or「行動しない」は個人の意思ですし、それぞれの意思を尊重します。行動までできそうな余力がある方は、イケイケゴーゴーです。

 

しかし、行動するにせよしないにせよ、心がマイナス状態であるのは大問題。

 

ショウコ
それは、双極性障害で抑うつ状態が度々訪れるわたしが詳しく知っています。

 

冗談抜きで死活問題ですよ。

 

ショウコ
なので、わたしはこの1年「心のケア」に努めることにしました。

 

何度でも繰り返し言いたいですけど、一番大事なのは「あなたの命、あなたの心」です。

 

1年後は「なんとか乗り切ったね」と言えるだけでいい。

マイナスな心をできるだけゼロに近づけること。生きているだけで、十分素晴らしいこと。

 

「今日も晴れてて空がキレイだね」と言える安らぎの世界が、待ってますように。

 

そこで特に力を入れたいと思ったのが「言葉」です。

 

なぜ今、言葉なのか

 

それは紛れもなく、この一年を通して「かなり不安を感じる言葉」が飛び交うと予想しているからです。

 

具体的には、「コロナ禍」「緊急事態宣言」「○○人感染」「重症患者○○人」「都市閉鎖」「医療崩壊」「死亡者○○人」「閉店」「倒産」「失業」「破産」「自殺者数増加」など

 

文字で見るだけでも絶望的ですし、テレビをつければそんな絶望的な言葉が、毎日、何度も、繰り返しわたしたちの耳に入ってきます。

 

テレビだけではありません。

ラジオやネットニュース、SNSではさらにリアルで深刻な言葉を見聞きするかもしれません。

 

ショウコ
これらの言葉を聞いて不安にならない人は、なかなかいないと思うんですよね…

 

わたしはNGワードをミュートにて生きています

 

上記のような言葉は、見聞きするだけでも不安でマイナスな気持ちになるタイプです。

テレビは付けないですし、ラジオも基本聞きません。SNSでは積極的にミュートにしています。

 

ショウコ
とは言え、情勢を追うために1日に数分くらいはニュースをチェックしています。

 

なぜかというと、わたしを不安にさせている最たる原因はこれらの言葉だからです。

 

世界を世界たらしめているものは言葉です

 

あなたは「世界」と聞いて何を思い浮かべますか?

知らない遠い異国?それとも地球全体?

 

わたしは、世界が以下の要素で構成されていると考えています。

  1. 目の前の実際の景色
  2. 心の中で発する自分の言葉
  3. 耳から入る他人の言葉

 

目の前の光景が「キャンバス」だとしたら、色を付けるのは「言葉」だと思っています。

 

つまり、言葉によって世界は一瞬で変わる。

 

言葉で脳内を大掃除する

 

昔、「脳内メーカー」というWebサービスが流行りました。

自分の名前を入れるだけで、自分が考えていることが文字で表されます。

 

脳内メーカー

ショウコの脳内イメージ

 

(完全にフィクションなのですが、当たってなくもないところが脳内メーカーのすごいところ)

 

2021年は、何もしないでいると、大勢の方の脳内が「医療崩壊」「失業」「自殺者数増加」など、ネガティブな言葉で占領されてしまいます。

 

ショウコ
普通に生活しているだけで、これらの言葉が勝手に入ってきますからね。

 

そうすると、世界が「不安」と化してしまう。

 

しかし、例えば、自分の心が不安で揺らがないものに目を向けてみてはどうだろう。

美しい音楽を聴いてみる。自分が美しいと感じる言葉に触れる。心が落ち着く人と会話する。

 

1日10分、30分、1時間と徐々に、時間を増やしていくのはどうだろうか。

 

きっと不安が完全に消えなくとも、少しは「人生、悪くないな」って思えるかもです。

 

わたしは、2021年、積極的に美しい言葉に出逢いにいきます。

きっと、わたしのコントロール外でいろんなことが起こる1年になると思いますが、今年の年末は「それでも、2021年の人生は美しかったよね」って言いたいです

 

と言うわけで、美しい言葉にて世界を変えていきたいと思います。

-日記

© 2022 ショウコ All Rights Reserved. Powered by AFFINGER5